40歳からプログラマーに!

これまでの経験をアピールして転職

プログラマーの将来性は非常に幅広く、ミドルエイジの転職先として考えることも十分可能です。
プログラマーには一線で活躍を続けるのは難しいという場合もあり、人手不足になりがちです。それは見方を変えれば、全くの未経験者である状態からの転職でも、活躍できる場が用意されているというわけです。
活躍の場の例として、プロジェクトの進行に携わるリーダーやマネージャーがあります。このような管理に携わる仕事は、プログラミングといった技術の他に管理に関わるビジネススキルが求められます。そしてそのようなスキルは、技術者であるプログラマーが身につける機会を得ることは難しいものです。そのため、他の業種で養った管理スキルをそのまま生かす形で転職した方が、すぐに活躍できるということになります。このように将来的に技術力以外も求められる職業だからこそ、未経験者でも参入することができるわけです。

年齢を重ねてからの転職は一般的には不利だとされています。けれどもプログラマーの場合には、その先にプログラミングだけではない様々な仕事があり、年齢を重ねて培った経験を生かすことができます。特にこれまで管理職に携わっていたような人や、営業経験を持つ人は業界から必要とされています。その経験を生かしてもらい、業界で不足している分野の人材を補おうというわけです。そういった部分から上手くアプローチすることで、未経験者でも異業種から参入することが可能となります。