40歳からプログラマーに!

プログラマーは40歳からでも遅くはない

プログラマーは、プログラムを組んでシステムを構築する仕事です。高度な専門知識が必要であり、締め切りに追われがちな職種で、職場によっては残業が発生したり、プレッシャーを感じたりすることもありますが、プログラマーという仕事を生きがいにしている人が長年働き続けています。
向き不向きが大きく分かれる職種でもあり、人手不足と言われる市場です。そのため、必ずしも年齢が問題になる訳ではなく、体力があって学び続ける意欲があれば未経験でも採用されるチャンスがあります。40歳からでも遅くはない、というのが現状です。60歳、70歳になっても、現役で活躍している人もいます。そういう意味では、定年がない職種とも言えます。年齢というよりも、残業やプレッシャーに耐えられる体力を維持できるか、日進月歩の情報技術を学び続けることができるかが重要になってきます。
キャリアプランもさまざまなので、自分でしっかりと将来を見据えることができれば、40歳からでもチャレンジすることが可能です。慢性的に人材を求めている業界なので、専門知識を身に付けて技術力を上げれば、どの職場でも年齢に関わらず重宝されます。

未経験で採用されるには、多くの求人に応募して、就職活動をする必要があります。採用してくれる企業を見つけるのは大変ですが、一度就職することができれば、あとは実力主義です。IT業界は高収入も望めるので、40代で次に選ぶ職種が「プログラマー」という選択もあり得るでしょう。
IT技術が生活に溶け込んだ現代では、プログラマーの技術や知識が求められる場所は多く、40歳からの新たな挑戦としてIT分野に参入することは自身の可能性を広げることにもなると言えます。